自衛隊の退職方法。代行が必要な理由

自衛隊の退職方法。代行が必要な理由

自衛隊が退職をする場合、自力で退職をすることもできますが、その道のりは長いように思われます。より確実に辞めたい方はもちろん、穏便に済ませたい場合にも退職代行を利用すると良いでしょう。その理由は何故なのか、ご説明していきたいと思います。

引き止めに合ったり辞表を受け取ってもらえない?

引き止めに合ったり辞表を受け取ってもらえない?

自衛隊ではよくある話ですが、退職を申し出ても辞表を受け取ってもらえなかったり、高確率で上司や同僚から引き止められます。自衛隊は人員が不足しているうえに退職に際しての手続きも複雑、加えて災害などが起こるとそちらを優先されてしまいます。そうして退職の話は流れていってしまうのです。また、自衛隊はまだまだ根性論で語る隊長が多いため、「この根性無しが!」と叱られてしまうこともあります。

退職に成功した男性

では辞めることはできないのかというと、結論から言えば退職は可能で、自衛隊法第40条では、「任用期間内において必要な期間、その他の隊員にあつては自衛隊の任務を遂行するため最少限度必要とされる期間」については退職を認められないとされています。これは有事の際であり、確かに退職どころの話ではありません。しかし、逆を言うとこの期間に該当しなければ退職を拒否することはできないため、粘り強く申し出れば退職は可能となるわけです。

確実に辞めたい場合や穏便に済ませたい場合は?

確実に辞めたい場合や穏便に済ませたい場合は?

粘り強く申し出ることで退職は可能であると述べましたが、それに伴う心労も計り知れません。何度も申し出るうちに疲れ、うまく丸め込まれて退職を諦めてしまったという人も多いです。ですから、退職を決めた時にいち早く行動することが大切になってきます。具体的には退職代行を依頼することです。

弁護士に相談する男性

退職代行業者にお願いすることで第三者が代わりに退職の意思を伝えてくれます。また、弁護士に相談すると退職意思に限らず、退職後の手続きや交渉などにも絡むことができます。ただし、自衛隊の退職には最低でも3ヶ月を要すると言われていますから、その間パワハラなどの嫌がらせを受けることがあります。この場合、弁護士に依頼した方がより穏便に退職できるでしょう。

自衛隊の退職は引き止めや辞表の受取拒否に合うため、退職代行を依頼した方が良い

自衛隊の退職は引き止めや辞表の受取拒否に合うため、退職代行を依頼した方が良い

自衛隊が退職しようとすると、強引な引き止めや辞表を受け取ってもらえず、そうこうしているうちに災害派遣となり話が流れてしまう・・・というのはよくあるケースです。そんな時は退職代行を依頼することをおすすめします。国家公務員法や自衛隊法により、民間企業より時間はかかってしまいますが確実に辞めることができますし、穏便に済ませることができるでしょう。

【参考URL】
https://career-picks.com/resolve/jieitai-yametai/
https://www.blindletter.com/view.html?id=39778
http://www.interq.or.jp/kanto/just/siryou/05.html#sect_52

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA