ベテランだから会社を辞められない。そんなときの解決方法

ベテランだから会社を辞められない。そんなときの解決方法

ベテランと言われる中堅以上の社員が退職を申し出た場合、高確率で引き留められてしまいます。中には諭されるがままで結局残留し、いつまでも辞められないという負のスパイラルに陥ってしまう人も……。そんなときどうしたら良いかご紹介しますので参考にしてみてください。

退職代行サービスを利用してみる

退職代行サービスを利用してみる

昨今注目されている退職代行サービスを利用してみましょう。退職代行サービスとは、その名のとおり退職者の代わりに会社に退職の意思を伝えてくれるサービスです。その流れとしては、まず代行業社に連絡し、退職したい日や要望を伝えます。代行費用を支払えばあとは代行業社にお任せしましょう。代行業社が会社に連絡し、退職の旨を伝えてくれますから、会社側が承諾すると退職が成立するというわけです。

このサービスを利用すれば、例えば何度も引き留められている人だけでなく、会社の人間関係が嫌になり連絡を取りたくないといった人でも気楽に退職まで進むことが出来るため、画期的なサービスなのではないでしょうか。

退職代行サービスを利用するときの注意点

退職代行サービスを利用するときの注意点

ただし、退職代行サービスを利用するうえでは注意が必要です。それは、例えば退職金や有給消化など退職に関する事務は「法律事務」とされており、これらを取り扱えるのは専門家である弁護士のみとされています。退職代行サービスでは、皆さんが会社にお願いするときのように、「有給消化を考えております」という風に代行して伝えるのみとなり、踏み込んだ話を代行業社が行った場合には「非弁行為(弁護士法違反)」とみなされてしまいます。

退職にまつわる込み入った話は、全て弁護士が受け持つことになるのです。

込み入った話が予想される場合は弁護士にも相談しよう

込み入った話が予想される場合は弁護士にも相談しよう

特に中堅ともなると、勤続年数が長いことから退職金の問題が浮上します。長年勤務したのですから、退職金を受け取る権利があります。数年程度の会社勤務であれば、退職金もたかが知れているので諦めることもできますが、ベテランであればそうはいきません。しかし、退職代行サービスを利用したことで会社側が怒り、「退職金が振り込まれなかった」という事態を避けるためにも、専門家である弁護士に相談しておくことをおすすめします。

ちなみに、退職代行サービスが注目を集めているため忘れられがちですが、本来、退職代行業務を行っていたのは弁護士であり、退職代行サービスのように初めから会社とやり取りしてくれる場合もあります。退職代行業者の中には、弁護士と提携しているところがありますので、そのようなところを利用することでよりスムーズに退職代行をお願い出来ますよ。

辞められない時は退職代行を、トラブル回避には弁護士を

辞められない時は退職代行を、トラブル回避には弁護士を

ベテラン社員が会社を辞めようとしても、引き留められて辞められない場合が多いです。そんな時に退職代行サービスを利用すると、スムーズに辞めことができます。ただし、退職金などの込み入った話は法律事務にあたるため、トラブルを避ける意味でも弁護士にも相談しておいた方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA