教師を辞める。退職後の転職先事情。教師以外の仕事もできる

教師を辞める。退職後の転職先事情。教師以外の仕事もできる

過酷な労働環境である教師をやめたいと思う方は少なからずいます。しかし、教師を辞めるとなると、どこに転職したら良いでしょうか。また、培った知識やのスキルを活かせるのか不安に思う方もいるのでは?そこで本記事では、教師を辞めた人の転職事情についてみていきたいと思います。

教師を辞めた人が選ぶ転職先とは?

教師を辞めた人が選ぶ転職先とは?

教師を辞めた人はどのような転職先を選んでいるのでしょうか?まずは、学習塾や家庭教師など引き続き教育の現場に身を置いているようです。確かに、教える立場であれば、今までやってきたことですからすぐに慣れることができそうですよね。

パソコンを打つ事務職の女性

次に教育関係の事務です。例えば、英会話スクールの受付だったり、大学の事務であったりと第一線からは離れるものの、教育現場に携わっているようです。また、学童のスタッフや児童支援員など、子どもに関係する職に就いている人も。
このように、教師を辞めても教育関連や子どもに関連した仕事に就く人が多く、これらに共通しているのは教員免許が活かせる仕事に就いているということです。

民間企業の異業種に転職する人もいる。ただし……

民間企業の異業種に転職する人もいる。ただし……

教育、子ども関連だけでなく、民間企業の異業種に転職する人もいるようです。ただ、教師の仕事は民間企業とは違い閉鎖的であるため、スキル的な面はもちろん社内や外部とコミュニケーションが上手く取れるのか不安に思っている人も多いようです。そのため、転職相談窓口に行くと「教師が転職できる職業にはなにがありますか?」と聞く人がいるそうです。しかし、やりたい仕事があれば教師でも関係ないように思います。折角教師を辞めるわけですから、他にやってみたかった仕事などにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

教師から民間企業に転職するとギャップを感じることも

教師から民間企業に転職するとギャップを感じることも

教師から民間企業に転職した場合にはギャップを感じることもあります。例えば教師は公務員ですから、福利厚生の面で言えば国や自治体に保証されています。一方、民間企業は会社の規定に沿っているため、教師の時に受けていたような待遇を受けられないこともあります。
民間企業に転職を希望する方は、ある程度のギャップは覚悟しておいた方が良いでしょう。

教師を辞めた人は教員免許を活かした転職先を選んでいる人が多い

教師を辞めた人は教員免許を活かした転職先を選んでいる人が多い

教師を退職したあとの転職先としては教育関連であったり、子ども関連であったりと様々ですが、いずれにしても教員免許を活かしている人が多く見受けられます。民間企業に進む方は、福利厚生や給料などで教師とのギャップを感じることもありますので、その点は念頭に置いておきましょう。

【参考URL】
https://education-career.jp/magazine/career/2019/teacher-after-quit/
https://emps.jp/content/aboutjob/teacher-sp/special-12/
https://agent-guide.com/teacher-tensyoku/
https://career.nikkei.com/knowhow/qa/000141/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA