教師は辞めるのもったいない?辞めるなら早いうちがいいこれだけの理由

教師は辞めるのもったいない?辞めるなら早いうちがいいこれだけの理由

公立学校へ就職することができれば、立派な地方公務員として働くことができます。公務員といえば収入が安定して遠方への転勤もないため、将来にわたって安泰なイメージがあります。しかし、そんな教師の職業も生徒、生徒の両親、職場の同僚上司との関係作りが非常に大変で、中には心を病んでうつになってしまう人もいるほど。数年前には「モンスターペアレント」という言葉が流行ったように、教師も一筋縄ではいきません。

教師の仕事をやめるのは本当にもったいないの?

教師の仕事をやめるのは本当にもったいないの?

教師の仕事を辞めると回りにいうと、必ず引き止められますよね。「このご時世に公務員を辞めるなんてもったいない!」、「教師なんて民間企業の営業とかと比べたらすごい楽だよ!」と言われることでしょう。もちろんその意見も正しいのかもしれませんが、教師には教師の苦痛があり、また、民間企業と異なり公務員だからこその序列体質があるため、陰湿ないじめは民間企業以上かもしれません。そのため、生徒との関係や学校スケジュールがあるため簡単に異動や退職をするのは多少困難ですが、それでも冒頭に説明したようなうつ病になるくらいであれば、すぐに退職願いを上司に出すべきと言えるでしょう。

教師は意外とつぶしがきく職業。新型コロナ後でも転職できる!

教師は意外とつぶしがきく職業。新型コロナ後でも転職できる!

教師の仕事を辞めたら、次の転職先はどこを目標すればいいのでしょうか。基本的に教師のスキルが活きるのはやはり教師の職業となります。英会話教室や塾講師は根強い人気がありますし、予備校で教師ができるレベルまでスキルアップすれば、年収も民間のサラリーマン以上に貰うことも可能。さらに授業内容が人気になれば、出版社から書籍の執筆依頼もあるかもしれません。

動画配信サイトで収入を増やすことも可能

動画配信サイトで収入を増やすことも可能

教師の職業は動画配信サイトとも相性が非常にいいです。昨今ユーチューブ上で有名になっている中田敦彦さんのように、学生だけではなく大人もターゲットに興味ある話題を授業することができれば、視聴回数が伸びて高い広告利益を得ることができます。動画配信サイトはユーチューブ以外にも複数ありますし、生授業をオンラインで配信できるサイトもありますので、自宅に居ながらにして稼ぐことができるため人間関係に悩むこともありません。

教師をなかなか辞めることができない場合は弁護士事務所へ

学校をなかなか辞めることができない場合は弁護士事務所へ

教師と言う仕事は1年を通してスケジューリングされているので、すぐに辞めてしまうと生徒に迷惑がかかると言われています。しかし、優先すべきは自分の体調と心。うつ病になってしまうと転職すら難しくなってしまいます。しかし、職場によっては学年主任がパワハラをしたり、校長・教頭に相談しても相手にされなかったりしますので、その場合はなし崩しに時間が過ぎていくのを避けるため、思い切って弁護士事務所に相談するといいでしょう。退職代行の存在が周知されるようになった数年前から、徐々に教師が弁護士事務所に相談するケースが増えてきたため、弁護士側も慣れた装いで対応してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA