女性で薬剤師の仕事を辞めたい。スムーズな退職の流れを紹介

女性で薬剤師の仕事を辞めたい。スムーズな退職の流れを紹介

女性の薬剤師で仕事を辞めたいと思う人はどう退職したら良いでしょうか?薬剤師は国家資格ということもあり、辞めることになるとなにか特殊な条件などがあるのでしょうか?本記事ではそのような悩みを解消すべく解説していきたいと思います。

薬剤師が辞める場合には配慮する必要がある

薬剤師が辞める場合には配慮する必要がある

一般企業の場合、退職の二週間前までに退職意思を申し伝えることで退職できると法で定められています。では、薬剤師の場合はどうかというと、薬剤師も二週間前までに申し出れば退職することは可能で特殊な条件などはありません。しかし、特に中小の薬局などは少人数で回しているため、二週間後に突然抜けられると困る場合が多く、例えば「上司のパワハラや患者のクレームに耐えかねて精神的に追い込まれている」といった状態でない限りは、辞めるまである程度を設けた方が良いでしょう。具体的には二ヶ月はみておいた方が良いでしょう。

薬剤師のイメージ

また、会社の規定で退職までの期間が定められている場合もあります。これは法律ではありませんから必ずしも遵守する必要はありませんが、特に少人数の就業場所は雇い入れや引き継ぎを見越してその期間を設定している場合も多く、特別な理由がない場合は規定に従った方が良さそうです。

退職理由がいじめに発展することも。精一杯勤めてスムーズな退職を心がけよう

退職理由がいじめに発展することも。精一杯勤めてスムーズな退職を心がけよう

薬局や病院などは比較的閉ざされた空間であるため、女性同士のトラブルが起こりやすいと言われています。特にベテランの従業員がいると不満があっても何も言えなかったり気を遣ったりして疲れる人が多く、そうなってくると職場内の雰囲気も最悪なものに……。

女性の薬剤師もそのような空間の人間関係に悩んで辞める人が大半だと言います。だからといって退職理由を特定の人が嫌だから、と正直に話してしまうと噂はたちまち広がって、退職までの間にいじめやパワハラにあう可能性があります。退職理由は前向きなものにし、波風を立てないようにしましょう。

女性薬剤師のイメージ写真

また、欠伸が目立ったり必要以上にトイレに行ったりすると意外と見られているもので、「辞めるから手を抜いているのでは?」と思われる可能性もあります。トラブルなくスムーズに退職するためにも、残された期間は業務や引き継ぎを精一杯こなすようにしましょう。

退職日の二ヶ月前から行動する。女性の人間関係にも最後まで気を配ろう

退職日の二ヶ月前から行動する。女性の人間関係にも最後まで気を配ろう

女性の薬剤師が仕事を辞める場合には、少なくとも二ヶ月前には退職意思を伝える方が良いと考えられます。また、辞めるまで女性の人間関係には特に注意を払い、波風立てないように努めるとスムーズに辞めることができますよ。
万が一パワハラやいじめなどの問題があり辞められない場合には弁護士に相談してみると良いかもしれません。

【参考URL】
https://yakuzaishiharowa.com/trouble/yakuzaishi-yametai.html
https://pharma.mynavi.jp/knowhow/leave/flow_of_career_change/
https://yakusta.com/post/useful/348

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA