男性で薬剤師を辞める。退職後の転職は簡単?

男性で薬剤師を辞める。退職後の転職は簡単?

男性で薬剤師を辞めたいとなると、気になるのはやはり退職後ではないでしょうか。特に薬剤師として勤めている期間が長い人ほど、転職できるかどうか不安になりますよね。本記事では、そんな男性の薬剤師の転職について見ていきたいと思います。

薬剤師は人手不足で求人は多くある。しかし……

薬剤師は人手不足で求人は多くある。しかし……

専門職である薬剤師は他業種と比べ、有効求人倍率は4倍以上あるため、常に人手不足の状態だと言えます。このため、年齢やキャリアは問わず転職は簡単だと言えるでしょう。ただし、仕事に就くのは容易であっても、求められる業務が多く責任は重くのしかかり、負担になる場合もあります。

年収が下がってしまったり、キャリアの浅い人は業務内容がミスマッチであることも……。このような事態になるとやがてはストレスとなり、また転職ということになるかもしれませんから、慎重に考える必要もあるようです。

病院や薬局意外にも活躍できる場所は多くある

病院や薬局意外にも活躍できる場所は多くある

そもそも薬剤師は病院や薬局意外にも働き口は多くあります。例えば製薬会社や、化粧品メーカー、DI・学術業務、公務員薬剤師、在宅薬剤師など。築いてきたスキルや知識も活かされるとともに、就業場所によって新しい発見やキャリアアップに繋がることも。折角転職するのですから、病院や薬局だけに囚われず、自身に合った働き方を見つけていくのも、今後の人生のプラスとなっていくため良いのではないでしょうか。

ただし、このような異業種へ転職してしまうと注意したいのが、病院や薬局の薬剤師に戻りたくなった場合ブランクを感じる、という点です。患者と関わらない業種も多くありますし、今まで使っていた知識をほとんど使わなくなることも。異業種への転職をする人はブランクを念頭に入れておいてくださいね。

結局は人間関係?

結局は人間関係?

病院や薬局に勤める男性薬剤師が気にしているのはやはり人間関係のようです。病院や薬局は女性の多い職場であり、女性同士のトラブルに巻き込まれるのを恐れていたり、女性に気遣い過ぎて気疲れしているようです。もしも現在の職場で辞めたい理由が人間関係であれば、一度上司に相談してみるのも良いかもしれません。意外と改善されて辞めるまでには至らないのかも・・・?

男性の薬剤師の働き口は豊富。異業種への転職もアリ

男性の薬剤師の働き口は豊富。異業種への転職もアリ

薬剤師は常に人手不足であるため、転職は比較的簡単にできます。また、資格を活かして異業種への転職も可能です。転職は自分が将来どうなっていきたいかを考える良い機会でもありますから、自分自身に合った働き方を探してみてくださいね。

【参考URL】
https://www.38-8931.com/pharma-labo/column/lifestyle/male-pharmacist.php
https://hakenreco.com/yakuzaisi-tenshoku-igyoshu
https://career-theory.net/pharmacist-jobchange-40s-100158#index04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA