退職希望者必見!看護師の退職の流れを解説

看護師の退職の流れを解説

看護師は病院や保育園など様々な施設で活躍できる職種ですが、過酷な労働環境である場合が多く、退職を考える人も少なくありません。ただ、看護師は一般企業と同じように退職できるのか不安に思う人もいるかと思います。そこで、看護師が退職をする場合の流れについて考えていきたいと思います。

看護師はすぐに退職することは難しい?

看護師はすぐに退職することは難しい?

看護師が辞める場合にも、一般企業と同じように退職意思を上司に伝える必要があります。ここで民法に目を向けてみますと、「雇用は解約の申し入れの日から二週間を経過することによって終了する(第627条)」とあります。看護師の場合も適用されますから、二週間前に申し出れば退職は可能と言うわけです。

しかし、看護師は日勤や夜勤などのある特殊な勤務形態であり、月のスケジュールは前々から決められています。突然、二週間後に退職すると申し出ても同僚や患者などにも迷惑がかかる可能性があるためおすすめできません。

病院内の様子

それではいつ申し出るのが良いのかというと、少なくとも2、3ヶ月前に申し出ると双方に余裕が持てるため良いと考えられます。退職までの期間が長いと気まずいかもしれませんが、円満退職するためには職場に配慮することも大切ですよ。

就業規則に記載されていることもある?

就業規則に記載されていることもある?

これは看護師に限った話ではないですが、就業規則に退職の申し出の時期が記載されていることもあるようです。そこに記載されているからと言えども、法律では二週間前と定められているため、必ず規則を守る必要はありませんが、そこに記載されているということは少ない人数で職場を回している場合も多く、突然抜けられると困ることが多いのです。規則に沿った方が円満退職に繋がるかもしれません。

引き継ぎをしっかり行う。仕事は最後までやり遂げよう

引き継ぎをしっかり行う。仕事は最後までやり遂げよう

看護師は年数を重ねている人ほど業務量が多く、引き継ぎにも一苦労です。しかし、ここで完璧に引き継ぎができれば辞める時にも後腐れなく職場を去ることができますのでここが踏ん張りどころです。また、周囲に辞めることが伝わると、例えば居眠りをしていたりすると「どうせ辞めるから手を抜いている」と悪い印象を持たれてしまうことも。最後まで仕事をやり遂げることが穏やかに退職できる秘訣ですよ。

看護師が退職する場合には早めの意思表示を。引き継ぎなどもしっかりこなす

看護師が退職する場合には早めの意思表示を。引き継ぎなどもしっかりこなす

看護師はその特殊な勤務形態から一ヶ月のスケジュールが前々から決まっており、退職の二週間前に申し出ると迷惑をかけてしまうことになります。円満に退職するためには、少なくとも2、3ヶ月前から意思を伝え、動くようにしましょう。引き継ぎや退職までの期間を精一杯頑張ることも大切ですよ。
万が一パワハラなど問題があって退職できないという方は、弁護士に相談することをおすすめします。

【参考URL】
http://xn--gmq498agtkrpkxolw6pduf.net/taisyokugakettei/scheduling.html
https://joboole.jp/articles/379184#item-63242

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA