新卒半年で仕事を辞めたい人が急増中。その後のキャリアプランに影響あり?

新卒半年で仕事を辞めたい人が急増中。その後のキャリアプランに影響あり?

入社半年で仕事を辞めたいと考える新卒が増えている現状があります。確かに実際に働いてみて感じることもあるのかもしれませんが、新卒半年で辞めると今後のキャリアプランに影響があると考えられています。それはどのようなもので、どうしても転職したい人はどうしたら良いか、考えていきたいと思います。

新卒半年で辞めたい理由とは?

新卒半年で辞めたい理由とは?

辞めたい理由は様々ですが、特に多い声をご紹介します。まずは、「仕事の内容が思っていたものと違っていた」というもの。数ヶ月の新卒研修を受けていざ配属となった時に希望していた職種や部署では無かったというのはよくある話です。また、「労働時間や休日などの福利厚生が良くない」と感じる人もいるようです。残業代がつかなかったり、上司に付き合わされ意味もなく残業させられるなど、入社後に会社の実態が分かる場合もあり、そのギャップに落胆する人も多いようです。その他体調を崩してしまったり、人間関係で悩んでいたり、「就職活動で失敗したため、入社前から転職することを決めていた」という意見も。

新卒半年で辞めてしまうことのデメリットとは?

新卒半年で辞めてしまうことのデメリットとは?

入社から半年で辞めるからと言って、転職ができないわけではありません。しかし、新卒は就職活動においては最も有利な立場であり、書類通過もしやすく大学などからのフォローバックもあるため内定に繋がりやすいのです。一方、入社半年で辞めてしまうと、例え高学歴の人であっても書類通過率が下がり、各所のサポートも受けられないときがあります。また、半年で辞めてしまうことで「またすぐに辞めるのではないか」と疑いの目を向けられるのも事実です。企業側も採用にあたってはお金がかかっていますし、またすぐに辞められてしまうと困りますので当然と言えば当然なのです。

新卒半年で辞める場合はそれなりの覚悟も必要です

新卒半年で辞める場合はそれなりの覚悟も必要です

辞める前に今一度考えてみましょう。例えば人間関係や業務内容で悩んでいるのであれば、上司などに相談することで解決する場合があります。また、転職するとなると中途採用ということになりますので、それなりのスキルを持ち合わせている必要があります。準備が整っていない段階で辞めるのは時期尚早であることが考えられますので、まずはスキルアップに努めましょう。

インタビューの様子

これらを踏まえても辞めたい人は、転職の際に「新卒半年で辞めた理由」を必ず聞かれますので、詰めておく必要があります。「人間関係」や「労働条件」などではなく、面接官を納得させられる理由を用意しましょう。

相談することで解決する場合も!万が一には退職理由を明確にしておこう

相談することで解決する場合も!万が一には退職理由を明確にしておこう

入社後半年で仕事を辞めたいと思う新卒が増える昨今。理由は様々あると思いますが今後のキャリアに影響が出ることが多いため、転職する際には狭き門を通って行かねばなりません。辞める前に職場内への相談で解決出来ないか、転職の武器となるスキルは十分であるか今一度考えてみましょう。どうしても仕事を辞め、再就職に踏み切る時には「新卒半年で辞めた理由」を尋ねられますのでうまく見繕うようにしましょう。

それでも今の職場が苦痛な人は、迅速な退職を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA