「仕事に行きたくない」そう思ったときにやること・考えること

「仕事に行きたくない」そう思ったときにやること・考えること

「仕事に行きたくない」
そう考えたことは社会で働くビジネスパーソンなら誰もがあるでしょう。朝起きてそう思うこともあれば、日曜の夕方頃に突然心が塞ぎこんでしまうこともあります。そんなときにやるべきこと、考えるべきこととはどういったものだと思いますか。

心の病は足音なく忍び寄ってくる

心の病は足音なく忍び寄ってくる

もし1週間に何度も「仕事に行きたくない」と思うのであれば、もしかすると心の病の気があるかもしれません。うつ病や自律神経失調症は足音泣く忍び寄ってくる病気のため、知らずの内に精神が仕事に侵されている可能性は十分考えられます。うつ病も自律神経失調症も一度なってしまうと治すのは数年単位の時間が必要となりますし、それが原因で社会に復帰することができなくなることもあります。そのため、「心のサイン」をよく聞くことが大切です。

仕事に行きたくない場合は、どうすればいい?

仕事に行きたくない場合は、どうすればいい?

では、仕事に行きたくない場合はどうすればいいのでしょうか。まず考えるべきことは、「仕事に行きたくないと思う原因を探る」ことです。仕事に行きたくない原因は職場にあるのか、満員電車にあるのか、同僚上司との人間関係にあるのか、もしくは仕事内容そのものに辟易しているのか……。自分で原因を探ってみたあとは、「その問題はいまの職場で解決することができるか否か」を考えてください。例えば人間関係であれば、人事やその上の上司に相談して異動を試みる。満員電車が億劫なのであれば、職場近くに引っ越しをしてみるなど、自分が行動をすることによって解決もしくは緩和することができる場合も多くあります。

解決できない場合は、きっぱりと会社を辞める

解決できない場合は、きっぱりと会社を辞める

しかし、「異動ができなく、上司や人事もとりあってくれない」、「今の仕事・会社が嫌だ」ということであれば、残された道は会社を退職することです。昨今日本の社会も終身雇用の考えは古くなり、1つの職場にずっと留まることもなくなってきました。それでも、まだまだ会社を退職、及び転職するというのはハードルを高く設定している人が多いようです。

退職代行の強みとは

退職代行の強みとは

辞めたくとも、自分や勤め先の会社の性格上なかなか辞めることができない。日本の社会ならではの問題を解決してくれるのが、退職代行の存在です。このサービス自体は実は昔から弁護士事務所で請け負っているのですが、昨今は一般の民間企業も積極的に参入してきています。

退職代行の魅力は、自分の手を煩わせることなく、退職の意向を弁護士や業者に伝えてもらって丸投げすることができます。有給休暇が残っていれば、それを利用することによって一度も出勤する必要がなくなります。
ちなみに民間の退職代行業者はあくまでも伝えるのが目的であり、トラブルが発生した場合は力になってくれません。無用な心配を避けたい場合は、弁護士事務所に依頼するのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA