医者の仕事が激務。辞めたい場合の手順

医者の仕事が激務。辞めたい場合の手順

医者は勤務時間が不規則であり、休みも少なく、休みであっても呼び出されるなど世間のイメージのとおり激務です。このため、医者を辞めたいと思う方もるかもしれませんが、特殊な職種であるためどのように辞めたらい良いのでしょうか。
そこで本記事では医者が辞めるときの手順を見ていきたいと思います。

医者の場合は「退職の2週間前まで」は厳しい

医者の場合は「退職の2週間前まで」は厳しい

民法では、「退職の2週間前までに会社に退職の意思を伝えなければならない」とされていますが、これは一般企業の場合であり、医者はどうなのでしょうか?結論から言えば、医者も2週間前までに伝えておけば退職は可能です。

しかし、先に述べたとおり医者は激務が多く、人手が不足している病院も少なくありませんから、2週間前どころか1ヶ月前でも辞めることは難しいと考えた方が良いでしょう。では、退職の意思はいつ伝えたら良いのかというと、医者を辞める人の多くは、辞める日の3ヶ月以上前から伝えているようです。辞めるにも期間に余裕を持つことが大前提となってくるようですよ。

激務や引き継ぎをしながらの転職活動

激務や引き継ぎをしながらの転職活動

退職が決まるとさらに大変な日々が始まります。激務をこなしながら転職活動をしなければなりません。また、後任者には引き継ぎも行う必要がありますし、担当している患者さんにも挨拶しておきたいという方もいるかもしれません。そう考えると少なくとも2、3ヶ月は確保したいところですが、この期間に体を壊してしまっては元も子もありません。次の仕事を早々に決める必要のない方は、辞めたあとに転職活動をしても良いかもしれません。

早い段階から動くことが円満退職の鍵

早い段階から動くことが円満退職の鍵

ところで、退職の意思を伝えると、引き止めにあう方も多いのでは?結果的に辞めることができても、辞める際にトラブルを起こしてしまっては、次に勤務する病院や転職活動で不利に働くこともあります。なるべく円満に退職するためには早い段階から行動しておくことに尽きると思います。退職したあとも通常通り職場が回るように最大限配慮しましょう。

医者を辞めるには早い段階から行動する

医者を辞めるには早い段階から行動する

医者は激務であることから、一般企業のように2週間前に退職の意思を伝えても引き止めにあってしまい、退職は難しいかもしれません。少なくとも3ヶ月以上に退職を申し出るなど期間に余裕を持ち、円満退職を心がけましょう。万が一パワハラなどのトラブルにあっていて辞められない場合は弁護士に相談するようにしましょう。

【参考URL】
https://bizual.jp/%E6%A5%AD%E7%95%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6/55/
https://www.i-because.jp/board/board-339/
https://hataraquest.com/labor-standards-law-retirement
https://www.doctor-vision.com/column/2017/12/amicable-point.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA