教師を退職。学校を辞めるタイミングと辞められない場合の解決法

教師を退職。学校を辞めるタイミングと辞められない場合の解決法

一種の憧れの職業の1つでもある教師という職業。しかし、実際勤務してみると、教壇以外でもトラブルをたくさん抱えることが分かります。一昔前に社会問題ともなったモンスターペアレントや、教師の身内の中でのいじめも少なくありません。もし学校を辞めることを決意したのであれば、なるべく早く辞めたいものですよね。では、一般的に教師が辞めるタイミングはいつ頃がいいのでしょうか。

学校を辞めるタイミング:11~1月の間に管理職に報告

学校を辞めるタイミング:11~1月の間に管理職に報告

学校を辞めるタイミングが教師の場合はいささか考えなければなりません。法律的には1か月前に言えば辞めることができますが、年度途中の場合は生徒や親御さんが戸惑う可能性があります。一般的には新年度がはじまるまでの3月末日退職が普通となりますが、管理職への報告は11月、12月、遅くとも1月までには退職の意向を伝える方がよさそうです。

辞められない場合もある?

辞められない場合もある?

しかし、校長を含む管理職に退職を伝えても、なかなかとりあってくれない場合もあります。例えば寿退社といった祝辞的な退職理由であれば受け入れてくれるのですが、「教師の中でいじめに遭っていたから」などマイナスの要因によって退職する場合は、管理職の中には表沙汰になることを恐れて、とどまらせるようにいう人もいます。特に昨今の社会の流れはネットで情報が流出して、ネット上で炎上してニュースになったり、マスコミに騒がれたりします。学校経営も近年は少子化もあいまって非常にシビアなものになってきたので、1度のダメージで立ち直れない(=倒産)学校も少なくありません。

辞められない場合に備えて、退職理由はしっかりと考えて

辞められない場合に備えて、退職理由はしっかりと考えて

もし自分の退職理由が引き止められる可能性があるならば、あえてそれを正直に言う必要はまったくありません。教師が必ず退職したい場合は、

  • 家族の問題を理由にする
  • やりたいことが別にあることを理由にする

ことを理由にするのがいいでしょう。「実家の跡を継ぐ」、「両親が病気で戻りたい」といった家族の問題はセンシティブかつプライベートとなるので、管理職であってもうかつに立ち入りません。ただし、「病気」を理由にしてしまうと、診断書などを求められる可能性があるので避けた方がいいでしょう。

辞められない場合の解決方法は、「弁護士事務所」

辞められない場合の解決方法は、「弁護士事務所」

それでも辞められない場合も時折あります。このような職場、管理職が在籍している場合は正攻法ではちょっと退職ができなそうです。そのため、弁護士事務所に依頼するのがいいでしょう。上述したように、近年は職場内のいじめが酷く、管理職も大ごとにならないように見て見ぬふりをしているのが常となります。そういった職場で心身が削られるのはもちろん不本意です。躊躇いなく弁護士事務所に依頼しましょう。最近は教師からの依頼が多いようで、弁護士もきちんと話を理解してくれますし、退職代行程度であれば数万円で引き受けてくれます。是非一度相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA