医者が仕事を辞めるまでに絶対覚えておきたい注意事項

医療現場は過酷を極めており、特に医者は激務を強いられる場合もあることから辞めたいと思う人も少なくないようです。しかし、医者が辞めるとなると最低限の段取りをつけていく必要があるでしょう。それはどのようなものであるか見ていきたいと思います。

医者の場合、退職までに時間がかかる

医者の場合、退職までに時間がかかる

労働基準法上では「退職の二週間前までに退職意思を雇用側に伝える」とされています。しかし、人手不足である医者がこれをしてしまうと、当然ではありますが現場は混乱してしまうでしょう。円満かつ円滑に退職したいと思う場合には、少なくとも半年以上前から退職の意思を伝えた方が良いと言われています。もしくは、入職時に配布された就業規則に、退職申し出の時期が記載されていればそれに従うことでも良いですが、その時期が半年よりも短い場合には現場の状況などを加味し、迷ったときには信頼できる同僚などに相談するようにしましょう。

医者は辞める理由も重要。嘘は自分の首を締めることも

医者は辞める理由も重要。嘘は自分の首を締めることも

退職するとなれば当然退職理由を聞かれるでしょう。「なんとなく」などという誰が聞いても納得できないような理由は危険で、退職までの間にいじめやパワハラを誘発してしまう恐れがあります。また、例えば医局に所属している人は、「親の介護をする」と言いながら、田舎には帰らず近辺の病院で再就職したことが発覚した場合、嫌がらせを受ける可能性があります。その場しのぎの嘘は自分の首を締めることになりますので、退職理由を正直に言う必要はないかもしれませんが、ある程度考えたものを用意する必要があるでしょう。

辞めるまでの業務はぬかりなく

辞めるまでの業務はぬかりなく

退職するからといって自身の業務や引き継ぎに手を抜いたり、頻繁にあくびをするなど手を抜いているような様子を周囲に見せてしまっては、いじめやパワハラを受けてしまうかもしれません。退職日が訪れる日まで責務を全うすることが円満退職に繋がりますから、最後までぬかりなく業務をこなすように心がけましょう。

医者が退職する場合には時間がかかるため、長期的な計画を立てる

医者が退職する場合には時間がかかるため、長期的な計画を立てる

人手不足が深刻である医者が退職する場合、少なくとも半年以上前には退職意思を伝えた方が良く、退職理由も相応のものを用意する必要があるでしょう。退職まではぬかりなく業務をこなし、円満退職をこころがけましょう。万が一パワハラや引き止めなどの問題で退職できない場合には、弁護士に相談するようにしましょう。

【参考URL】
https://dr-goodlife.com/post-8/
https://andcareer.co.jp/doctor-quit/
https://hataraquest.com/labor-standards-law-retirement
https://free-doc.hatenablog.com/entry/taisyoku-kousatu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA