退職代行は怪しい業者がたくさん?複数社に相談して利用するべき理由

退職代行は怪しい業者がたくさん?複数社に相談して利用するべき理由

退職代行とGoogleで検索してみると、ヒットする企業の数は数十社にのぼります。本来であれば弁護士の業務であるのですが、代理と使者を使い分けて退職代行のサービスを提供しているのが、民間の退職代行業者となります。

そのため、古くからある老舗は信頼できるものの、新規参入の企業の中にはちょっと怪しい業者が存在するのも事実です。

退職代行の中には一部怪しい業者もある

退職代行の中には一部怪しい業者もある

数十とある退職代行業者の中には、怪しい業者が存在するのも事実です。怪しいといっても、多額の請求をしたり、違法行為をしたりする業者は稀。それよりも「退職代行のサービスをしっかりとやらない」業者がいるようです。退職代行業者に依頼すると、業者は企業側に連絡を取って退職希望の旨を伝えます。しかし、退職代行に依頼する人というのは、会社側がブラック企業だったり、何かしらの問題を抱えて退職させてくれないところがほとんど。単に電話して退職の希望を伝えるだけですんなりと辞めることはできません。

オフィスレディの写真

しかし、退職代行業者としては「退職の意向を伝える」という役目・大義名分は果たしたので、例えば会社側が退職に応じず、退職希望者と話し合いの場を設けたい、有給は使わせないといった問題が発生した場合は、「弊社の業務から外れてしまうので」と何もしてくれないことがあります。

また、仮に退職はできるとしても、法律で決められた2週間後に退職日が設定されるのであれば、その2週間は出勤する必要があります。退職代行業者は弁護士ではありませんので、有給消化に関する交渉はできないからです。それでも退職できることには変わりありませんから、「退職成功率99%」と謳うことができるのです。

怪しい業者と契約しないように。複数の退職代行業者に依頼しよう

怪しい業者と契約しないように。複数の退職代行業者に依頼しよう

ホームページ上では当該業者が怪しいか否かは判断することができません。また、仮に問い合わせをしたとしても、初期対応で分かるものでもありません。しかし、退職代行業者はどこも前払い制なので、依頼する時点でお金を支払わなければなりません。そこで、怪しい業者に騙されないように、まずは複数の退職代行業者に依頼するといいでしょう。料金体系はもちろん、同料金でどこまでの対応をしてくれるのか。退職できなかった場合の対応、会社側が「出勤しろ」、「有給は使わせない」と言ってきたときの業者の対応などを細かく聞くといいでしょう。音声の場合は録音して、メールで相談する場合は履歴が残るようにスクリーンショットを取っておくこともおすすめです。

怪しい退職代行業者に騙されないために

怪しい退職代行業者に騙されないために

怪しい退職代行業者に騙されないためには、まずは退職代行の業務内容、弁護士に依頼するときの違い、退職代行業者と弁護士のどちらに依頼すべきかといった情報をしっかりと調べることが重要です。退職というのは人生の分岐点ともなる大事な瞬間。本当に頼れる業者に依頼しなければ、お金だけかかって余計に会社との関係が悪くなった、といった具合にもなりかねません。是非しっかりと吟味して業者を選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA