40代で看護師を辞めたい。退職後の転職は簡単?難しい?

40代で看護師を辞めたい。退職後の転職は簡単?難しい?

40代の看護師で辞めたいと思う方がいるようです。確かに40代は人生など色々なことを考える時期であり、必要があれば退職を選んだ方が良いですよね。しかし、退職後の転職に不安を抱えている人が多いようです。40代の看護師の転職は上手くいくのでしょうか。その実態に迫りたいと思います。

40代看護師の退職理由とは?

40代看護師の退職理由とは?

40代看護師で辞めたいと思う理由には、「体力的な負担が大きい」「キャリアアップ」「子育てが落ち着いた為以前のように第一線で働きたい」などの理由があるようです。特にキャリアアップや、以前のようにフルタイムで働きたいという方は、現在の就業場所でそれが叶わない場合は転職したいと考えるようです。

転職先は限られるが売り手市場には変わりない。問題は人間関係

転職先は限られるが売り手市場には変わりない。問題は人間関係

40代の看護師が転職する病院は制限されるようです。例えば新卒や比較的若い看護師を迎え、新人教育を行うような大きな病院は難しいようです。しかし、ベテランの看護師を求めている病院や、個人クリニックなども多く、看護師は売り手市場であると言えます。40代だから転職が難しいということではないようです。

問題はこれは看護師だけではないかもしれませんが、転職するとなると気になるのが人間関係です。看護師を辞める理由の第一位として「人間関係のトラブルやストレス(2018年マイナビ転職調べ)」とあり、どの職場でもなにかしらのトラブルがあることが考えられます。

看護師は英語でナース。女性という意味はないので要注意
看護師は英語でナース。女性という意味はないので要注意

ましてやベテラン看護師であったとしても、その就業場所には新人として入るわけですから、時には年下に指示されたり、同じベテランとのやり方が違っても我慢する必要があります。そのような環境に耐えられるかが重要なポイントではないでしょうか。

きっぱり看護師を辞めるのもアリ

きっぱり看護師を辞めるのもアリ

どうしても看護師一本で働きたいという方以外であれば、看護師を辞めてしまっても良いかもしれません。特に体力的に厳しいと感じる方は、無理をすると体を壊しかねませんから、家族と話し合って自身に合った働き方を見つけていくと良いでしょう。別業種が意外と合うこともあるかもしれませんよ。

40代の看護師の転職は可能。ただし人間関係はリセットされる

40代の看護師の転職は可能。ただし人間関係はリセットされる

40代であっても看護師は人手が不足しており、売り手市場なため転職は可能です。ただ、転職先の人間関係を初めから構築していく必要もあり、それらに耐えられるかということが問題であると考えます。時には看護師をきっぱり辞めて、違う業種に就いてみるのも良いかもしれませんね。

【参考URL】
https://tenshoku.mynavi.jp/woman/knowhow/carinare/08
https://job.biglobe.ne.jp/kangoshi-40dai-tenshoku/
https://tenshokukamo.net/kangoshi/consultation/q-2.html
https://lab.designsatellites.jp/article/23/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA