20代で公務員を辞めたい場合。やめるべきか我慢するべきかのポイント

20代で公務員を辞めたい場合。やめるべきか我慢するべきかのポイント

20代で公務員を辞めたいと考える方がいるようです。ただ、公務員は本当に辞めた方が良い場合もあれば、我慢しておいた方が良い場合もあり、その選択が難しいところです。そこで、本記事では辞めるべき人と我慢すべき人について挙げていきますので、ご参考にしてみてください。

公務員を辞めることを我慢するべき人とは?

公務員を辞めることを我慢するべき人とは?

公務員を辞めることを我慢した方が良い方を具体的に述べます。
まずはなんと言っても「人間関係で悩んでいるから辞めたい」という人です。人間関係で悩むのは官民、業種、業界問わず起こり得ることであるため辞めるのは我慢した方が良いでしょう。悩んでいるのであれば、話せる同僚か人事に相談することで解決することもありますよ。

また、安定した待遇を求めている方も公務員のままでいることをおすすめします。民間企業は特に福利厚生の面で公務員と差がある場合がありますし、景気に左右されやすい業界であれば、給与も安定しない恐れがあります。
このように辞めたい理由が業務に関わるものでない限りは現状を維持するべきでしょう。

公務員を辞めるべき人とは?

公務員を辞めるべき人とは?

では、公務員を辞めるべき人とは具体的にはどのような人なのでしょうか?
まずは今の仕事に不満を持っている人です。公務員の仕事は覚えてしまえば多くの人はこなせてしまえるような業務ばかりです。そして、仕事の体質が古いため、上の「GO」が出なければ動けないというような状況に置かれ、気付けば定時はとっくに過ぎているなんてことも。この繰り返しを退職金のためとはいえ、定年まで続けることに嫌気がさすのであれば辞めた方が良いでしょう。

また、別にやりたい仕事がある場合も退職をおすすめします。公務員は続ければ続けるほど辞められなくなってしまいますのです。これは、若いうちは公務員からでも転職しやすいですが、年齢を重ねるごとに、転職は厳しくなってしまうからです。

退職するなら早めに準備を

以上のように、業務事態に不満を持っていたり、やりたい仕事が他にある人は、「異動時期」や「年度」に配慮する必要はありません。なるべく早く決断し、上司に話すなどして行動を起こした方が良いでしょう。

公務員の体質が我慢できないのであれば辞めるべき

公務員の体質が我慢できないのであれば辞めるべき

公務員は多くの人がこなせる事務仕事を定年まで行うため、退職金をもらうそのときまで耐えられなかったり、そもそもやりたい仕事が別にあるのであれば辞めるべきです。特に若ければ若いほどチャンスを掴むことができますので悩んでいる人は行動に移してみてはみてはいかがでしょうか。

【参考URL】
https://jiseki-koumuin.com/quit-8/
https://public-allabout.com/20th-yametai/#20-3
https://loco14blog.com/komuin-retirement-20/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA