仕事を辞めたいけど一年未満。代行業者を利用してスムーズに辞めよう

仕事を辞めたいけど一年未満。代行業者を利用してスムーズに辞めよう

近年退職代行を利用する方の中には、まだ勤務して一年未満の人が多く見受けられます。中高年世代の方からすると「根性が足りない」、「最初の三年は苦しいことがあっても我慢する」という意見も多そうですが、近年はパワハラ上司も増えてきましたし、新型コロナ後は従業員がリストラを怖がり、会社と従業員のパワーバランスが崩れてきている背景もあります。

入社一年目で辞める人の退職の理由

入社一年目で辞める人の退職の理由

入社してわずか一年目で辞める人の退職理由ですが、これはパワハラを含む「職場の人間関係」が圧倒的多数となります。新卒で入社したてのうちは、多少の残業も仕事のうちだと考えますし、分からないことだらけなので、上司から言われたことを着々とこなすことでしょう。しかし、「先輩や上司に叱咤される」と言う経験は、学生の内はほとんどありません。そのため、仕事で失敗したときに上司に激怒されると、それだけで「パワハラ上司」というレッテルを貼ったり、精神的に追い詰められてしまうことが多々あります。

入社一年目で退職するべきか否か

入社一年目で退職するべきか否か

では、入社一年目で退職を決断するのは、本当に早いのでしょうか。実はそうとも言い切れません。近年は日本の企業もグローバル化が進んできていますし、中小企業の数も増加しています。また、若いうちからの海外就職も普通となってきているので、精神的に辛い日々を過ごす会社を早々に辞めて、別の職場に新しい環境を求めるのは決して悪いことではありません。パワハラが蔓延している職場で働き続けることによって、気が付いたらうつ病になっていた。自律神経失調症になっていた。そして、次の転職がそれが原因でうまくいかくなってしまった、という事例はたくさんあります。

一年未満の退職は自力での退職が難しい場合が多い

一年未満の退職は自力での退職が難しい場合が多い

会社を辞めるにあたって、一年未満の退職の場合は、会社から引き止められるので自力で辞めることが難しいケースが大半です。上司は根性論をかざして「こんなことで辞めるなんて許さない」といいますし、貴方を採用した人事は1年未満の退職者数が自分の評価に関わってくるので、簡単に辞めさせてはくれません。そのため、もし本当に一刻も早く会社を辞めたいのであれば、退職代行業者を使うのも一つの手段として考えられます。

退職代行業者を利用してスムーズな退職を

退職代行業者を利用してスムーズな退職を

退職代行業者を利用すれば、自分の代わりに退職の意向を会社側に伝えてくれます。会社側も第三者が介入することによって構えることになりますので、波風を立てたくないがために、無条件で退職願いを受理するのが一般的です。ちなみに、退職代行業者は民間の一般企業と弁護士法人が請け負っています。会社側がなかなか退職願いを受理してくれなかったり、面談を条件づけたり、退職金や有給休暇の減額を提示してきた場合は、民間の業者ではどうすることもできませんので、基本的に金銭トラブルが発生する可能性のある案件、もしくは論理が通じないブラック企業が相手の場合は、弁護士事務所に依頼するのが普通です。対応方法は民間と全く変わらなく、すべてメールや電話、LINEでやりとりすることができますり、料金も2~3万円程度高くなるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA