退職代行サービス5社比較ランキング!業者選びで迷った際に検討すべきこととは?

退職代行サービス5社比較ランキング!業者選びで迷った際に検討すべきこととは?

退職代行サービスにも比べ合いがあるからこそ選び出すことが肝心

退職代行サービスが著名になるにつれ、会社の数が拡がっています。

バリエーションが増えるのは大きなメリットですが、一社一社サービス範囲や料金が大きく変わる点には気をつける必要があります。サービスがありすぎて混乱してしまう人もいるのです。

退職代行サービスにはっきりとした規定は存在せず、業界標準が明確になっていない部位もあるのが実状です。

トラブルが多くあるのが格安業者の利用によって引き起こされる料金の問題です。

格安業者は基本料金にプラスし、多種多様なオプションで追加料金がもたらされることが多い為です。

相談して委任したら別途料金が生じ、想定以上の金額を要求されるケースもありえると思います。直前で料金のチェックをすることが肝心になってきます。

高い評価を得ている業者はパック料金で別途料金が掛からないことが基本です。

サービスが広い範囲にわたるだけでなく、顧問弁護士を有している法律上のトラブルに強い業者も見られます。

退職時のトラブルを予測した上でエキスパートが在籍するサービスを利用するのも方法で、セキュリティーを優先するのも選択肢になります。

気にかかるランキングと料金

退職代行サービスと申しますのは、サービス範囲と料金のバランスがポイントであり、現実の上で利用した人の評判も確認したいポイントです。

優秀と言われるような退職代行のサービスと料金をランキング形式にてピックアップしていきます。

ランキングでお知らせしている退職代行サービスはパック料金を組み込んでいて、追加料金がかからないのが特徴だと言えます。

5位:EXIT(イグジッド) 料金は高めだが認知度の高さが利点

料金:正社員・契約社員50,000円 パートアルバイト30,000円

退職代行なら「EXIT」

多種多様なメディアに取り上げられ、退職代行サービスの存在を世に拡散させたのがEXIT(イグジッド)です。

認知度はトップレベルですが料金は正社員・契約社員で50,000円と少し高めになっています。

メディア露出の機会が数多く、オーナーの顔や理念をチェックしやすいことが醍醐味です。

どういった理念で運用されているサービスなのかがわからず、利用を躊躇している人には大きなアドバンテージになります。

「やめる」をポジティブに考えるメディアRBOOTのマネージメントや、代表者岡崎雄一郎氏のYouTubeチャンネルでの情報発信など、仕事を辞職したい人向けのサービスもより取り見取りです。

4位:退職のススメ スタッフの顔が見えるサービスと、最安水準の料金が利点

料金:25,000円

退職のススメ 代行実績No1!!業界で最も安い料金で今すぐ退職!!

パック料金化された退職代行の中に於いては最安クラスの料金設定になっていることが退職のススメです。

人材派遣・紹介会社が退職代行サービスも実行するようになったのが特質で、再就職や失業給付の申請支援を受けることができるのが異彩を放ちます。

弁護士監修サービスの一部で、法律面での信頼感もあります。

担当者のプロフィールも掲載されているのもポイントで、担当者をセレクトしてストレートに相談も可能です。

とは言っても、予約しようとしてもスケジュールの空きがないケースもあるため100%希望が通るわけではないです。

3位:退職代行Jobs(ジョブズ) 転職支援サービスに優位性

料金:期間限定29,800円(正規料金49,800円)

「退職代行Jobs(ジョブズ)」で円満退職 / セラピストの顧問弁護士

弁護士監修サービスの一部で、顧問弁護士が女性であるのが退職代行Jobs(ジョブズ)の特徴だと言えます。

メディアにピックアップされた回数も多く、認知度の高さとコストのバランスに優れているのが醍醐味です。

転職支援にも力を入れているのが特質で、仕事を辞職した後の仕事の心配しているケースでは相談してみるのも方法です。

料金は期間限定の割引料金になっているのですが、どれくらいの期間の限定か記載されていないのがデメリットです。

最新情報のチェックも大事になってきます。

2位:退職代行ニコイチ 弁護士監修サービスですが格安料金

料金:27,000円

退職代行ならニコイチ|創業14年、円満退職者4000人突破

弁護士監修サービスでありつつ27,000円と特別価格であり、利用後も2ヶ月のアフターフォローが付くのが退職代行ニコイチの特色になります。

退職代行歴は14年、7135人の退職代行実績が記載されているなど、情報公開にも前向きなのも醍醐味です。

LINEを使用した無料相談もできます。実績と料金バランスでセレクトされる退職代行業者なのです。

1位:SARABA(サラバ)労働組合で会社との交渉が出来るのが利点!

料金:27,000円

退職代行「SARABA」

SARABA(サラバ)の典型的な特徴は、労働組合として企業とのネゴシエーションができる点です。

未払い給料や残業代などは退職時にトラブルに見舞われやすく、よくあるような退職代行サービスでは対応のハードルが高すぎるケースがあります。

しかし、SARABAに於いては労働組合としての交渉が出来るため、条件交渉も合わせたバリエーションが豊富になります。

トラブルが予期されるようなブラック企業を辞職したいケースであっても相談しやすいのがSARABAというわけです。

業者選びで迷ったケースで想定したいこと

業者選びで戸惑った際に考えたいことが、問い合わせや対応範囲のギャップです。

会社によって電話の問い合わせが中心なのか、LINEでの無料相談や24時間の対応が出来るのかの相違があるのです。

スタッフの手が空いているならいつでも連絡できるという退職代行サービスもある一方で、夜間連絡は音声の自動受付、営業時間オンリーの受付というケースもあります。

メールでの相談ができるかどうであるのかだったり、あなた自身の希望にあわせてチェックすることが重要であるのです。

対応範囲も業者によって違いが現れる所になります。

最終出社日に会社に出社することを盛りこむ代行サービスもあれば、出社をしない事を基本として備品の返却を郵送で取り計らう退職代行サービスも見受けられます。

前提がずいぶん異なることがあるため、前もってのチェックと必要に応じた依頼が不可欠なのです。

また、支払い方法も代行サービス各社が違えば異なり、クレジット払いが出来る業者も見られます。

対応するクレジットブランドの違う部分や、銀行振り込みが前提の退職代行サービスがあることにも気をつける必要があります。

会社に行かなくて良くなる日と退職日の違う点に注意

退職代行サービスはその日のうちに会社に行かなくても良いと書かれている傾向が強く、現実の上で会社に行かずに済むことがよくあります。

しかしながら、退職日はずれることが一般的で、現実に退職代行サービスからもレクチャーされることが多いワケです。

退職日がずれるのがよくあるのは、雇用契約が関連しています。

民法上は2週間で契約の解除が可能ですが、実際企業側の雇用契約もチェックし、1ヶ月ほどの期間をおくことがポピュラーだからです。

退職代行サービスを使用しても、雇用契約をやり過ごせるわけではありません。

雇用契約そのものに問題がある場合を除いて、最低限の気遣いを行わなければトラブルの原因になります。

これを受け、正式な退職日は30日後とし、その期間は有給の消化やメンタル面の不調を理由とした病欠などと扱う傾向が強いのです。

退職日の理解がずれると、転職や失業給付の手続きに悪影響を及ぼすケースがあります。

退職代行サービスを利用するケースでは公式な退職日をチェックし、トラブルを防ぐ感覚も肝心です。

転職サポートを生かすのかどうか

退職代行サービスというのは人材派遣会社や転職エージェントと提携している割合が高く、転職のサポートを受けることができる場合があります。

退職後の身の振り方を考えることは大事なため、現実的に転職サポートを受けるのも方法です。

とは言っても、退職代行サービスの利用が視野に入る場合は、前倒しで転職活動に入って転職市場を確認するというのもバリエーションに入ります。

転職のサポートを受けたとしても、即座に仕事が決まるとはいえません。

その次の転職活動が考えられないほどシビアな状況でありましたら、退職代行サービスで退職してから考えるのも選択肢です。

ところが、お望み通りの仕事がすぐに見つかるとは限らないため、最初に市場を確認し、自分自身の置かれた環境も見直した方が良いのです。

転職活動をはじめて、自分自身の職場が厚遇されていると感じ取るケースもあります。

退職代行サービスに相談し、退職そのものを見つめ直す人もいるのです。

かえってブラックな職場なのだという確信が深まり、転職代行サービス利用の勢いがつくケースがあります。

最初に情報をチェックしなければ手抜かりが生じやすくなるため、万が一の時のためにチェックするスタンスも重要です。

きちんとサービス内容のチェックをしてセレクトすることが大切

転職代行サービスというのはありとあらゆる業者で同じサービスを行っているわけでなく、各々メリットとデメリットがあります。

サービス運営の理念や経営母体にも開きがあり、どんなところに興味を抱くかは個人差があります。

サポートできる範囲も全く異なるため、自分自身が目論んでいる退職代行サービスかどうであるのかは、サービス同士を比べてわかることが多いのです。

この度の紹介は評判がいい大手退職代行サービスをランキング形式にてまとめ、料金も明示しています。

ところが、期間限定でリーズナブルにしているサービスもあり、これから先も市場の変化に合わせて価格や費用の変動が引き起こされる可能性も考えられます。

重要だと考えられるのは現実的にサービス内容をチェックし、納得がいくものをセレクトすることです。

評価の方法が各個人で違うからこそ、ランキングの順位にこだわることなく、ひとたび公式ページを見てチェックすることも不可欠なのです。

退職代行サービスはどのような場面で利用されている?

退職代行サービスを利用する方、利用しようか熟考する方のほとんどは次にあげる状況に当てはまります。

退職代行サービスの利用するユーザーの事情

・入社したばかりだったり人見知りだったりして、退職したいと言うことができない
・ブラック企業で、退職意志を言い伝えても退職させてくれない
・休職中や精神的に追い詰められているなどの理由により退職について伝えることができない

依頼として目立つようになってきているのがブラック企業の退職代行みたいです。

ブラック企業は長時間労働や厳しいノルマ等々で、従業員の体力や精神を消耗させて冷静な判断を下す力を失わせます。そうなってしまったら普通であればもっと強気に退職するといえる方でも、頭が働きづらくなりどういうわけか退職するというバリエーションを自分自身で選ぶことができないという心理に陥るケースがあるようです。

ブラック企業のトラブルのニュースが登場して来ると、何で退社しないのだろう?と疑問を感じる方がいますが、退職するという行動に移せないくらい、冷静な判断を下せないあるいは、強く切り出せないなどの事態に追いつめられてしまいます。

それを避けるために助けになるのが退職代行サービスです。

退職代行サービスのスタッフは、ブラック企業で肉体的・精神的に追い詰められている状態ではありませんので、ブラック企業相手でも気の強い上司相手でもテキパキ奮闘してくれます。
ブラック企業を退職したいけど上手くできないでいる方に助けになります。

退職代行サービスは実際のところどこにお願いしても数万円は料金がかかってしまうし負担は見受けられますが、メンタル的な安定という何事にも代えがたいものを獲得できるのでコストパフォーマンスでみるとこれ以上ないサービスではないかと思います。

ブラック企業だから退職したいという事態は言うまでもありませんが、それだけでなく人見知りで勇気が出せない場合や、即日退職したいけどそのようなことを連絡したら職場の人に怒られたり家までこられたりしそうと恐怖で言いだせないケース、入社したばっかりだからバツが悪いというケースなど。ブラック企業じゃないのですが退職したいと言い出せないケースもあります。

そういうような場面でも退職代行サービスは大活躍します。

退職代行サービスというのは最近注目されるようになったばかり。最近名前を聞くようになったサービスならばこそ、何気無く「退職したいからといって他者である退職代行サービスを利用するのってあり?」と思い悩んでしまいやすいと思われます。

しかしながら退職代行サービスを利用したいと感じ取ったときが利用しどきです。思い悩んでいる方はまずは相談だけでもした方が良いでしょう。
お手間を取らせず相談したいならLINE相談が実用的です。対面でも電話でもないからこそ相談だけでも行ないやすいです。

「知名度」「利用料金」「実績」退職代行はどのようにしてセレクトすべき?

退職代行サービスを選ぶときに重要視しておきたいポイントをチェックしてみておきましょう。

退職代行サービスをセレクトするにあたり重要視しておきたいポイント

・知名度(退職代行サービスは昨今有名になったサービスであるからこそ、業界内で注目されていることを重視
・利用料金(退職代行サービスの利用料金の相場からずれすぎていないこと)
・実績(きちんと退職案件を全うしている企業のサービスであること)
・即日対応すると記載しているところ

ここまでも解説している様に、退職代行サービスと申しますのはここへ来てから注目されるようになったサービスです。以前から販売されてきて大人気だったサービスとはいいづらいので、知名度は低いです。

近頃テレビに取り上げられたり新聞に掲載されたりとあっという間に知名度が上がりはじめて、退職代行サービスも認知度が高いのは「ここ」といえる程に業界の規模が大きくなっています。

この度ご紹介している退職代行サービスは業界の中でも知名度が高いところに当てはまります。また、実績数も豊富。有名どころはそれなりに案件をこなし実績を形作っています。

こんな感じの面から、見当がつかないときには今回のランキングにランクイン中の退職代行サービスの中からセレクトしたら安心して使いやすいでしょう。

ランクイン中の退職代行サービスをバックグラウンドとして、以降は利用料金や即日対応してくれるかや、LINEで話し合えるかなど。これ以外のポイントもトータルでチェックしてみて、ここがいいかな?と感じるところをセレクトしてください。

退職の切り出し方の理由とタイミング。メールや電話で言ってもいい?

ただ単に退職をサポートするだけとは違い、返金保証まであります。

退職代行サービスは前払い制になります。依頼するとなれば、どれを選択するとしても本申込み時には入金しなければなりません。

退職代行サービス側が接するのは、依頼者が所属中の職場になります。
職場に連絡、つまり人間相手に交渉するので、事と次第によると職場の上司などがごねる可能性は否めません。

この度ランクイン中の退職代行サービスは原則的に100%退職を実現させてきたことを主張しています。ということから、ごねられてもきっちりと話を通してくれるということであり、安堵して依頼することができます。

しかし「なんといっても保証がないと心配があるなあ。」と感じる方もいらっしゃることでしょう。

そういった場合は返金保証制度を取り扱っている退職代行サービスをセレクトしてください。多分返金保証制度を選択するような状況になる見込みは低いというか、ほとんど0に近いと考えられますが、それでも保証はあって困ってしまうものではありません。

保証を利用する状況になる可能性が低い背景にあるのは退職が労働者に認定された権利だからです。
法律では「退職希望日の2週間前に退職を申し出ること」が原理・原則ですが、日本のおおかたの企業が1ヵ月前~2ヵ月前、往々にして3ヵ月前の退職の申し出を大原則にしています。

「即日退職したい」として、今日の時点での日本のルールを見る限りでは「無理じゃないでしょうか?」という印象は見受けられますが、実際の所ほぼ確実に即日退職も出来るようです。しかし、職場や状況により確実ではありません。

なぜかと言うと、即日退職を希望する人材をお金を支払って育てても企業には今となってはメリットが無いからです。即日退職を希望するタイミングで退職意志が甚だ強いことが著しくわかります。そうだとしたらもう「わかった」と、上司、職場側も応答することがよくあります。ということで返金保証制度を利用するようなケースは滅多にないくらい、起きないのが現在の退職代行サービスの業界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA