退職代行の利用料金、値段の相場を解説!最安値はどこのサービス?

こちらの記事では、「退職代行の利用料金、値段の相場を解説!最安値はどこのサービス?」という観点から解説します。是非ともご参考にしてください。

退職代行サービスの業者というのはいっぱいあって、各々基本料金やオプションが変われば、コストが変わります。

そういうわけで、あなた自身に対応した退職代行を選択することが必要です。

とは言っても、「価格がリーズナブルな退職代行は?」「相場はいくらくらいなの?」という人も多いと思います。

そういう訳でこの度の記事では、退職代行サービスの価格相場に関してピックアップしていきます。

記事を読み進ねることで、あなたにあった退職代行サービスを見つけることができると感じます。

相場はいくら?退職代行サービス9社を紹介

退職代行の相場に関しては、おおまかに3万円から5万円になります。

しかしながら、業者によっては雇用形態やオプションによって、料金が変わりますので、あなた自身になった退職代行を探すことが不可欠です。

ところが、退職代行サービスはいっぱいあるので、自分自身で探すのは困難が伴いますよね。その為に、退職代行サービス9社の値段を理解しやすく紹介します。

退職代行EXIT

知名度が一番高い退職代行と言ったらEXITだと思います。

24時間絶え間なく受付してくれますし、顧問弁護士からレクチャーを受けているので、安心感のある退職代行だったりします。

退職代行EXITには次に挙げるような使用するメリットがあります。

・一番短くて翌日から退職可能
・退職代行成功率は100%
・追加料金は残らずなし
・2回目以降の利用で1万円の割引
・ワークポートで転職するとキャッシュバックあり

代行料金

正社員・契約社員 50,000円(税込)
アルバイト・パート 30,000円(税込)

料金は、雇用形態によって移り変わるので気を付ける必要があります。
とりわけ追加費用などは生じることはありません。

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチのメリットとして、次にあげるものがあります。

退職成功率100%
2019年10月時点で「100%」の退職成功率を誇っています。

それでいて、14年間も継続している記録になります。

業界No1!退職成功人数7,000人
2019年10月時点で「7,000人」以上を退職成功へと誘っています。

無料相談サービス
相談は、何回でも無料となっています。

その日のうちに退職できるケースもある
言うまでも無く、正式な退職までには退職書類を書くなどの作業は存在しますが、退職の連絡は一番早くて申し込みから10分でオフィスへ言い伝えてくれます。

相場よりもリーズナブルな料金設定!
退職代行サービスの利用料金相場は、3~5万円位とされています。

退職代行ニコイチは、実績や成功率だけ見ると料金は高額そうなイメージがありますが、2019年10月時点で業界最安値になります。

心理カウンセラーが勤務しているので、メンタル的にも疲労している人におすすめしたいと思います。

また退職が失敗した場合、全額返金保証がセットされているので不安や心配はいりません。

代行料金

ニコイチ退職代行パック 27,000円(税込)

プランが異なれば料金にギャップがでます。

料金は他のと比較するとちょっと高めになりますが、会社とトラブルに陥っていて退職させてくれないケースであっても、スペシャルサポートプランで対策をとってくれるので、会社ともめている人にはおすすめしたいと思います。

退職代行SARABA

退職代行SARABAのメリットとして、次にあげるものがあります。

料金プランがシンプル
退職代行サービス業者の中においては「パート・アルバイトのケース」「勤続5年以上」など、雇用形態や勤続年数が異なれば利用料金が変容したり、「早朝・夜間」「土・日・祝日」など、対応する時間や曜日によって別途料金がもたらされる業者も存在しますが、SARABA(サラバ)の料金プランは27,000円(税込)だけ。

弁護士に依頼するよりもそれなりにリーズナブル
弁護士事務所によっても料金は多種多様ですが、弁護士に退職代行の依頼をしたケースでは着手金や成功報酬金、日当などで総額が10万円をオーバーすることもたまに見られます。

もしも退職がうまく行かなかったら全額返金される
SARABA(サラバ)では、退職代行サービスを用いて退職できなかったケースになると、全額返金することをお約束しています。

退職後のサポートが受けられる
SARABA(サラバ)では人材紹介会社とコラボレーションしており、退職後、転職に関するサポートを受けることができます。

24時間対応可能で、職歴と無関係にその日のうちに退職ができます。

相談回数や電話回数も制約なしなので、別途費用の心配をする必要性も存在しません。

代行料金

一律 27,000円(税込)

退職代行SARABAと申しますのは、雇用形態とは関係なく均一料金が醍醐味です。

追加料金が要されることもなく、また退職が失敗した時点においては全額返金保証が付いてくるので、費用を減らしたいという人にイチオシな代行だと言えます。

退職代行コンシェルジュ

退職代行コンシェルジュの素晴らしいところは退職代行業を開始してからひとつとして失敗したことがないことです。

24時間問いあわせに対応していますので、だしぬけに仕事に行きたくなくなった時でも気持ちが楽になって連絡することが適います。

また顧問弁護士からレクチャーを受けているので、弁護士法違反の非弁行為に相当することがないため安堵してお願いすることができます。

代行料金

正社員/契約社員/派遣社員 49,800円(税込)→30,000円(税別) 現在キャンペーンを実施中
アルバイト/パート 39,800円(税込)→30,000円(税別) 現在キャンペーンを実施中

雇用形態が変われば料金が10,000円ほど変わっていきます。

料金も市場価格と近いため、使い勝手の良い代行の一つです。

退職代行のミカタ

LINEからでも相談できる退職代行のミカタ。電話での相談は無料ですから、お手間を取らせずお問い合わせができます。また、弁護士がプロデュースしているので、信用できる代行になります。

代行料金

正社員/派遣社員 25,000円(税込)
アルバイト/パート 25,000円(税込)

雇用形態が異なれば料金が移行していきます。

別途料金もなく、2回目以降は10,000円の割引が適用。

退職代行ヤメヨッカ

退職代行ヤメヨッカは、円満退社だけに限定した退職代行サービスになります。

十分な経験のあるスタッフが数多く、顧問弁護士や顧問社労士もいらっしゃいますので信用度では際立って高い退職代行となります。

料金が割高でも、円満に辞職したいという人におすすめしたいと思います。

代行料金

アルバイト/パート 50,000円(税込)
正社員/契約社員 70,000円(税込)
勤続年数5年以上 100,000円(税込)

雇用形態が異なれば料金が移行します。

退職代行の中であっても料金が高い方なので、使う際は、あなた自身の要望とあっているかきちんとチェックしてみてから決定しましょう。

すっきり電話代行

退職代行の中でも料金が低価格ですが、相談を持ち掛けるのに費用が掛かるのがデメリットと感じます。

追加オプションもセレクトすることができるので、あなた自身にあったものをセレクトしてください。

代行料金

一律 10,800円(税込)

雇用形態とは関係なしで一律10,800円でありまして、オプションによってより一層料金が加算されていきます。

電話代行change Life

休日や深夜でも対応してくれる退職代行。

神奈川県にあるリーガルエースという会社が行なっている退職代行業者になります。

代行料金

正社員 35,000円(税込)
アルバイト 35,000円(税込)

雇用形態によって料金が移行します。

別途料金などは発生しないので、安心して大丈夫です。

電話代行屋stupchiba

事前相談の電話やメールに関しましては回数無制限で0円でしてくれます。

事前相談の電話やメールは回数無制限で無料です。

下記の料金は各サービスの最低料金となります。

例えば不倫密告電話でも、案件ごとに値段は変わることもありますのでご了承ください。

引用:電話代行屋stupchiba

代行料金

サービス名 詳細内容 料金
退職代行 退職の電話を代行します。 29,800円

退職代行サービス9社の料金を比較

サービス名 対象者 料金(税込)
退職代行EXIT 正社員・契約社員 50,000円
アルバイト・パート 30,000円
退職代行ニコイチ フルサポートプラン 27,000円
退職代行SARABA 一律 27,000円
退職代行コンシェルジュ 正社員/契約社員/派遣社員 49,800円
アルバイト/パート 39,800円
退職代行のミカタ 正社員/派遣社員 25,000円
アルバイト/パート 25,000円
退職代行ヤメヨッカ アルバイト/パート 50,000円
正社員/契約社員 70,000円
勤続年数5年以上 100,000円
すっきり電話代行 一律 10,800円
電話代行change Life 正社員 35,000円
アルバイト 35,000円
電話代行屋stupchiba 一律 29,800円

このあたりまで、退職代行サービス9社の価格相場をチェックしてきました。安いところでは10,000円から、高いところだと100,000円とかなり違いがあります。

いくつもの退職代行業者を分析していて明らかになったのは、値段がリーズナブルだから良いというものではないということです。

電話対応がずさんだったり、公式サイトが見にくく、料金体系が理解し難い業者がありました。原則的に値段は参考にする程度にしてあなた自身で問い合わせをしてみることも肝要ですね。

退職代行の利用料金、値段に関する2つの留意事項

退職代行業者の料金の安さだけでセレクトしてしまうと、ここから下の2つにポイントで失敗する可能性があります。

値段だけで業者を選択すると、オプション料金:基本料金ばかりか思いもよらぬオプション料金がかかってしまう

退職の失敗:サービスの質が悪く、退職をやり損なう

基本料金を除外したオプション料に注意

退職代行会社の中においては「基本料金」と「オプション料金」を分離している業者もあるので、申込みを入れる前に料金システムをきちんとチェックすることが不可欠です。

ひとつの例として、退職代行業者リタイアの正社員の基本料金は30,000円(システム利用料金の20000円+連絡作業料金の10,000円)になります。

サービス料金は「システム利用料金」と「連絡作業料金」で構成されます。この2つの料金の合計がサービス料金となります。

項目 金額
システム利用料金 20,000~40,000円(税抜)
雇用形態や勤務期間などで変動します。
連絡作業料金 10,000円(税抜)
キャンペーン割引をしています!最大割引適用で無料となります。

しかし「深夜対応のオプション」をつけてしまうと料金は50,000円と化してしまいます。また、退職交渉が続いたり文章連絡をお願いした場合は、より一層追加料金が発生し料金がアップしてしまいます。

項目 金額
特急対応料金 10,000円(税抜)
深夜連絡対応料金 20,000円(税抜)
文書連絡料金 文書連絡発送1通につき5,000円(税抜)
記録文書作成料 30,000円(税抜)

オプションを希望しない人にとってはリタイアはリーズナブルな業者ですが、オプションを幾つも付けたい人は一律の料金でサービスを扱っている業者を利用した方が結果的にお手頃な金額になります。

オプションを間違えずに計算することは面倒なので、均一料金の業者に決定するのが間違いないでしょう。

オプションなどといった追加料金を一切取らない業者の均一料金には5つのサービスが含まれていることがよく見られます。

一般的に一律料金に含まれるサービス

退職代行:会社に退職の意向を連絡して頂くサービス
連絡作業:期限なしで相談、打ち合わせして頂くサービス
深夜対応:営業時間をオーバーした時間帯に対応して頂くサービス
休日対応:土日祝日に対応して頂くサービス
即日対応:申込みから24時間以内に対応して頂くサービス

反対に「記録文章オプション」だったり、次にあげる5つサービスは一律料金の中には加わっておらず、オプションとして扱っている業者を利用するしかサービスを受ける方法が存在しません。

一般的にいって均一料金に含まれないサービス

文書連絡:文章、手紙を活用して退職の連絡を入れてもらうサービス
対面連絡:会社に足を運んで退職の意思を伝えてもらうサービス
記録文章作成:取り交わし内容を書面に残してもらうサービス
電話録音:取り交わし内容を音声データに残してもらうサービス
打ち合わせ(対面):直に合って話し合いをするサービス

安すぎる利用料金に注意

退職代行会社を評価する項目においては「料金」だけじゃなく「実績」や「対応スピード」、「専門性」、「ユーザビリティ」の4つが存在します。

退職代行業者を選ぶポイント

利用料金:料金の安さ
実績:これまでの実績数や成功率
対応速度/時間:その日のうちに対応してくれるのか否か、深夜まで対応しているか
専門性:顧問弁護士、顧問行政書士を雇い入れているのか
ユーザビリティ:連絡方法や代理で行なっているサービスの範囲

退職代行を初めての経験として利用する方は料金に注目してしまうことがよくありますが、安さだけをターゲットにして退職に失敗するケースは現実の上で発生しています。

実際のところ、1万円を切る業者の中においてはそれほど評価の高い業者はいません。

安全面も考えに入れるつもりなら20,000円〜30,000円の業者を選択することをお勧めします。

退職代行専門業者でダントツに安いサービス

最安は「格安退職代行.com」

1番金額がリーズナブルだった業者が「格安退職代行.com」(https://kakuyasutaishoku.themedia.jp)になります。

サービス価格

ご相談料

無料(メール相談)

料金:4,980円 (税込み)

対象:正社員、派遣社員の方のみ

サービスの流れ

1.まずはお問い合わせ・ご相談ください(無料)

2.ご依頼内容の確認

3.お振り込み

4.退職代行

5.アフターサービス

会社名

合同会社格安退職代行.com

代表者

五十嵐光一

住所

150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目15−4

引用:格安退職代行.com公式サイト

安い業者として紹介をしておりますが、何があってもおすすめをしているわけではないのです。

運営会社情報などはきちんと掲載されているので、それなりにきちんとした業者ではありますが、口コミ評判が全然見つからないため、判断することが困難なところです。

退職代行サービスは金額と質のバランス状態が重要なので、とにもかくにも安い業者がいちおしというわけではないです。

最安値のサービスを利用するリスク

利用料金が安い業者を探す上での留意事項、危険性が3つが存在します。

安い業者を選ぶときのポイント

・パフォーマンスが悪い懸念がある
・キャンペーンなどによって、1番安い業者は変化してしまう
・一見安く見えてもオプション料金がプラスされることもある

1番意識を向けなくてはいけないポイントは、失敗する可能性があるということです。退職代行においては失敗してしまう可能性はずいぶん低いですが、実際の例はいくつか報告されています。退職成功率100%で成果が記載されている業者をセレクトしておいた方がリスクは低減します。

また、期間限定のキャンペーン終了の影響や、オプション料金の出現によってイメージしていた金額よりも高い金額となるケースに留意することが大切です。

利用前には絶対条件として見積もりを取り、合意した上で契約に進んだほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です