退職代行とは何?料金相場や評判まとめ。失敗することはある?

退職代行とは何?

一体退職代行ってどんなサービスなのでしょうか?

退職代行と申しますのは、退職したいのに辞めさせてくれない、あるいは辞職したいと言いづらい職場の環境にいるケースに、退職希望者に代わった退職したいという意思を伝達して、退職を具現化するというものになります。

退職代行を利用するシーンとしてはいくつかありますが、次の様なモラルの低い上司やコンプライアンスの意識が欠落した会社のアクティビティがあります。

・過酷な労働環境であるのに、退職をしたいと言ったら、強引な引き止めがあった
・退職届を上司に提出したが、上司が受理しない
・辞めたいと相談してから嫌がらせがあった

こうした会社では、未払いの残業代があったり、より悪い場合には賃金の未払いすら発生していたりします。

この様な会社を遅延なく辞めることは、簡単ではなく、退職させてくれないことがあります。また、人によっては、面と向かって退職するという意思を伝達することがハードルが高い場合があります。こうした方には退職代行を利用する意味がかなりあるといえるでしょう。

退職代行とはどの様なサービス?

では退職代行は、実際にどんなことをしてくれるのでしょうか?

ブラック企業等の労働上の問題のある会社においては、退職したいのに辞職させてくれず、退職届を受理せず捨てたりするなどのケースがみられます。また、場合によっては退職を阻害するといった事態になることもあります。

退職代行サービスは、労働面での問題がある会社に対し、退職したい人に代理で、退職の意思を伝えるサービスです。

まず、依頼者の退職を具現化するために、会社に電話などをして退職の意思を伝えてくれます。

この様な点は、弁護士による退職代行サービスであれば、退職できることについて法的な主張を行うことができます。弁護士を除いた退職代行業者であれば、退職できることについて法的主張はできません。むしろ依頼者にとって不利となることだって考えられます。

弁護士による退職代行の場合では、引き止めなどがあったケースに、退職希望者に代理で会社側に退職意思が堅いことや、どの様なプロセスで退職を決意したかなどの解釈を行います。

退職代行の料金の相場について

退職代行を利用して会社を辞職するとして、一体どのぐらいの料金がかかるのでしょうか?業者によって料金の相場は異なりますので、はっきりとは言えませんが、おおよそ5~10万円ぐらいから最高で15万円程度ぐらいの範囲です。

また、退職代行の料金は、正社員のケースとパートやアルバイトの場合とでは違うようです。

実際的には、会社員のケースでは、全体的に正社員よりも料金設定を1万円ぐらい高くセッティングしている場合が多いようです。

正社員の場合には、パートやアルバイトより、会社とやり取りするべき事柄が多く、複雑な場合が多いという事情を反映しているからだと思います。

退職代行の口コミ評判

退職代行の口コミ評判はどの様になっているのでしょうか?

ネットにおいては、評判はそれほど悪くなさそうです。しかしながら、印象の良し悪しだけで、退職代行業者をジャッジすることはリスクがあります。

例を挙げますと、弁護士以外の退職代行業者は、違法である可能性が高いということにも留意した方がいいでしょう。この様な弁護士を除いた退職代行業者に、退職代行を依頼するということはリスクが高いので、できる限り利用しない方が良いでしょう。

退職代行は失敗することはある?

即座に辞めたいから、退職代行を利用するのに、失敗をしてしまいましたら嫌ですよね。

退職代行での失敗したケースとしましては、退職することができなかったり、離職票といった書類の郵送がされなかったりすることがあります。それでは、退職代行で失敗をしない様にするためには、実際どの様にすれば良いのでしょうか?

もし失敗すると退職できない?

退職代行サービスを活用して、退職ができないというケースはあまりありません。

しかし、退職通知が不適切な場合、証拠が残っていないので、後々トラブルとなる可能性があります。

しかし、弁護士による退職代行でしたら、法令にもとづいたきちんとした通知を行うので、証拠が残り、あとからトラブルになることを防止することができます。

一方で、弁護士以外の退職代行業者においては、専門的な法律知識が欠如するので、このようなちゃんとした通知を行えず、後々トラブルになる可能性があります。

もし退職できても、嫌がらせや、退職関係書類を送らないなどの問題が発生する可能性もあります。こうした問題はとりわけ、すぐに退職しようとする場合で起きやすくなります。

退職時の嫌がらせ

退職代行で失敗するケースは、辞めた後に嫌がらせなどを受けてしまうことです。
会社からの嫌がらせの種類は下記の様にいろいろあります。

・一方的に退職日を会社の設定日にされる
・人格を否定するようなことを言われる
・退職を撤回するように迫られる
・退職後に中傷誹謗に当たることを言われる

などです。

退職を希望するケースでは、上記のような嫌がらせはできる限り回避したいものです。

このような退職希望者のリクエストを、弁護士以外の退職代行業者がきちんとかなえられるかは、はなはだ疑問です。これらの業者は弁護士ではありませんので、会社と交渉はできず、もし上記であげたような嫌がらせがあったとしても、対抗する手段を講じることができないためです。

しかしながら、弁護士が行う退職代行であれば、退職希望者の公の代理人となることができるので、専門知識に裏打ちされた交渉などにより、嫌がらせを行う会社へと対処することができます。

また、会社も弁護士を相手にしてまで、嫌がらせを行う意味を感じないと思いますので、このような弁護士による対処は効果的であると思われます。

離職票などの書類が届かない

退職代行の失敗のケースとして、離職票などの書類が手元に届かないという場合です。

会社の中においては、離職票などは退職希望者自身が取りに来るべきだという姿勢の会社があります。

弁護士を除いた退職代行業者が、会社と話をした場合には、会社が無視してしまうといったことも想定されます。また、退職希望者に直に連絡するようにと言われ、全然取り合ってもらえないということもありえます。これを受け、書類が届かず、退職希望者は自分自身で会社とやり取りを行う必要が発生してしまうのです。

一体全体、退職代行サービスというのは、今すぐに辞めたいやもう逃げたいと考え、できる限り遅延なく退職したいという人、または、もう会社とダイレクトに話したくはないという人のためのものです。

それなのに、退職代行サービスを使用しても、こういった希望が実現できないのであれば、退職希望者は失敗したと感じると思われます。

しかしながら、弁護士による退職代行であれば、全面的に退職希望者の代理人として会社と交渉することができます。これを受け、退職希望者が会社と直に連絡を取らなければならないといった状況は避けられます。

弁護士法人みやびの退職代行サービス(https://taishoku-service.com)では、弁護士による質の良い退職代行サービス提供しており、抜群のサービス力で一押しです。

退職代行は非弁(=弁護士法違反)?違法な退職代行業者と申しますのは?

退職代行サービスは役に立つものですが、できるだけ安心して使用したいものです。

しかし、弁護士を除いた業者が供する退職代行サービスは、非弁という法律違反であり、安心できるサービスとは言えないということは聞いたことはありますでしょうか。

非弁とは?

非弁(弁護士法違反)とは、そもそもどういった事を言うのでしょうか。

非弁とは、主として、弁護士法72条に違反する行為のことを指します。弁護士法72条で禁止されているのは、弁護士以外の者が、有料で法律業務(=弁護士業務)に該当する行為を行うということです。

こういった点、退職代行サービスは、退職希望者の代理で、退職通知を会社に行って、雇用契約を終わらせるものです。このような行為は元々、弁護士のみが行える業務になりますので、退職代行サービスを弁護士以外の者が行使するということは、弁護士法72条違反する非弁行為である可能性が極めて高いでしょう。

ちなみに、業者によっては弁護士からレクチャーを受け、適法な業務を行っている、顧問弁護士がいると言っていますが、結局は、弁護士自らが退職代行を行うわけでないため、違法であることには変わりないでしょう。

違法な退職代行業者に依頼した場合、何が問題になる?

違法な退職代行業者に頼んだ場合、何が問題になってくるのでしょうか。弁護士ではないことから、次にあげる様な問題があるものと考えられます。

・退職日、有給消化の調整、業務引継ぎの調整といった交渉をすることができない
・弁護士法違反であると会社に言われるケースがある
・退職通知書などの書類を作成できない
・会社の主張に対して反論ができない

弁護士を除く退職代行業者のサイトでは、退職日の調整や有給消化について説明しているものがあります。しかしながら、弁護士ではない者がこういった交渉を行うことは禁止されています。もし相手側の会社からなんらかの反論があったケースに、何も対処できないという懸念があります。

また、弁護士以外の退職代行業者は、退職希望者に対して、会社から電話などの連絡があったケースであっても、電話に出なくても問題がないといったアドバイスを行っているようです。

しかし、弁護士以外の退職サービス業者が、本人の代理で会社からの電話に出て、会社と交渉することは違法になります。

しかし、弁護士であれば、会社と交渉することが可能であり、引継ぎなどを含めて、法令をベースにした適切な手続きを行うことが可能です。

これを受け、弁護士に退職代行を依頼すれば、円満な退職を具現化できるでしょう。

違法な業者と違法でない業者の見分け方

違法な業者と違法でない業者は、どの様に見分ければいいのでしょうか。

弁護士を除いた退職業者が供する退職代行サービスは、違法である可能性が極めて高いものです。

しかしながら、弁護士が供する退職代行サービスであれば、違法ではないので問題なく利用することができます。

違法な退職代行業者を利用することはリスクが存在しますので、できるだけ弁護士による退職代行サービスを利用する方が賢明でしょう。

弁護士が行う退職代行とは?

これまで解説してきたように、弁護士以外の退職代行業者については、会社と交渉を行うことができません。
もしそういった交渉ができるかのように標榜する業者は、すべて違法な業者である可能性がとても高いです。

しかし、弁護士による退職代行であれば、原則ワンストップで退職に関係する手続きを代行してもらえるだけでなく、場合によっては未払い残業代の請求までできます。

退職代行で失敗しないためには、弁護士による退職代行サービスの利用をするのがイチオシです。

弁護士の場合、なぜ失敗しないのか?

弁護士による退職代行サービスであれば、なぜ失敗しないと言えるのでしょうか。
その理由として、弁護士は退職希望者の代理人として会社と直に交渉することができることにあります。

また、弁護士は、法律の専門家であって、国家資格を有するプロになります。そのため、弁護士が供する退職代行サービスであれば、安心かつ安全に退職をすることができます。

ブラック企業から確実に退職するには?

辞職したいのに理不尽にも退職届を破り捨てられる。

そんな会社から辞職するのは、心理的な負担が大きいものです。

この様なブラック企業あるいは、労働上の問題を抱えている会社から逃避するにはどの様にすれば良いでしょうか。

弁護士以外の退職代行業者の場合、こうしたモラルがない会社にしっかりとした主張をすることは出来ません。

また、会社が退職希望者に何かを言ってきたケースでは、弁護士以外の業者は全く反論が出来ず、退職希望者の思ったように円満に退職できないリスクがあります。

しかし、弁護士による退職代行であれば、相手方の会社が退職を認めないとしたとしても、法的な主張が可能であるので、きちんと反論を行って、依頼者を護ることが可能です。

こういう風に、弁護士による退職代行でしたら、確実にこのようなブラック企業から逃避することが可能です。

例えば、弁護士法人みやび(https://taishoku-service.com)では、退職代行サービスを供している労働問題に力を発揮している弁護士が対応しております。また、弁護士法人みやび(https://taishoku-service.com)では、多数の案件を取り扱っている為、あなたが望んだ結果を手に入れるには持って来いの弁護士事務所です。

弁護士による失敗しない退職代行とは?

退職代行サービスを利用するのは、ややこしい会社と直接のやり取りをせず、スピーディーかつ平穏に退職することが目的になりますでしょう。

『弁護士法人みやび』の退職までのステップの例

1. 『弁護士法人みやび』のHPで、LINE・Eメール・電話でご相談(相談料無料)。

2. 弁護士からの説明を受けて依頼する気になったら、LINE・Eメール・電話で正式に退職代行サービスの申込みをしましょう。(必ずしも弁護士事務所に行く必要はありません。)

3. 依頼した弁護士に料金をお支払いください。

4.お支払後、弁護士が会社に連絡して正式な退職の手続を行います。(ご希望があれば)多くの方は当日・翌日の退職が可能です。その後の書類(離職票、保険証等)のやり取りも、弁護士法人みやびが代行します。

弁護士法人みやび(https://taishoku-service.com)に退職代行を依頼するのに要する費用ですが、正社員や契約社員で5万円から、アルバイトやパートで5万円からになります。 相場から見ると高額になりますが、弁護士が退職代行を実施するサービスになりますので、法律に触れる部分の交渉も任せられるというアドバンテージがあります。

弁護士による退職代行サービスでしたら、弁護士の有する専門的な知識を生かして、上記で述べました目的をかなえる退職代行の提供をすることが実現できるのです。

退職代行を希望される方の、即時にスピーディーに退職したいという思いを、最大限実現できるなのが弁護士による退職代行サービスになります。退職代行で失敗したくないのでしたら、弁護士に依頼するのがベストでしょう。

まとめ

今すぐ会社を辞職したい人で、自分自身で退職を切り出すのが苦手な方や、ブラック企業から今すぐ逃避したい方にとって、退職代行サービスはありがたいサービスです。

しかしながら、弁護士以外の業者が提供する退職代行サービスは、違法な可能性が極めて高いものばかりです。

失敗しない退職を実現するならば、弁護士法人みやび(https://taishoku-service.com)のような、弁護士による退職代行サービスを利用するのが賢明でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です