自衛隊を辞めたい理由は人間関係。解決方法は?

自衛隊を辞めたい理由は人間関係。解決方法は?

自衛隊を辞めたいと思う理由の多くは人間関係にあると言われています。組織体制が古いようにも感じますが、自衛隊は未だに縦社会であり、パワハラやいじめが起こっているのです。具体的にどのようなものか見ていくとともに、解決方法を考えてみましょう。

パワハラや傷害・暴行は年々増加傾向にある

パワハラや傷害・暴行は年々増加傾向にある

防衛省・自衛隊によると、組織内のパワハラや傷害・暴行による懲戒処分案件は、2013年は121件でしたが、2018年には159件で増加傾向にあるとしています。こうしたことを受けて、組織内でも処分基準を引き上げるなどしてパワハラやいじめの厳罰化を行っているものの、上層部にはエリートではあるがパワハラで名が知られている者が着任するなど、組織体制が未だに縦社会であるという現状です。

また、懲戒処分にまで至った事例は氷山の一角であり、「上司に執拗に風俗店に連れて行かれる」「指導の一環として土下座を強要させられる」「プライベートにも首を突っ込まれる」など本人が嫌に感じていることも多くあり、悩んでいるようです。

人間関係で悩まないために。その解決方法とは?

人間関係で悩まないために。その解決方法とは?

辞めたいと思う理由が人間関係であるのならば、それを改善できないか考えてみましょう。例えば、自衛隊に向いている人は「上司をおだてるのが上手い人」や「要領が良い人」であると言われていますが、普段上司と関わってなかった場合には積極的に話してみたり飲み会にも参加してみましょう。意外と仲良くなれて、困った時に助けてもらえるかもしれません。また、合わない同僚がいる場合には部署移動を申し出てみましょう。現在置かれている状況を改善することで解消することもあります。

退職届を提出するビジネスマン

それでも改善されない場合には退職するのもひとつの手です。人間関係で悩んでいるのであれば、退職を申し出ることさえも難しい方もいると思います。そんなときは弁護士や退職代行サービスがおすすめです。ただし、退職代行サービスは、退職の意思を伝えるのみと定められており、退職に際して複雑な交渉などが絡む場合には弁護士に依頼すると良いでしょう。

人間関係の改善を検討する。改善できなければ退職もひとつの手

人間関係の改善を検討する。改善できなければ退職もひとつの手

自衛隊内では、現在でも多くのパワハラやいじめが起こっています。同僚と積極的にコミュニケーションを取ったり、部署を移動するなどして改善できないか考えてみましょう。また、それでも改善できない場合には退職もひとつの手です。精神的にも追い詰められ、自分だけでは退職できないと判断した場合には、弁護士や退職代行サービスに依頼してみましょう。

【参考URL】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022900229&g=pol
https://news.livedoor.com/article/detail/18696765/
https://career-picks.com/resolve/jieitai-yametai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA